スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦役列車 (2011/01/26) 西村 賢太

  • 2011/09/11(日) 12:35:50

苦役列車苦役列車
(2011/01/26)
西村 賢太

商品詳細を見る


いままで読んだことの無い種類の小説。

とてもだめで世間から落ちぶれた男のはなし。

これを見ると自分はとても恵まれていると思いました。

また何がきっかけで落ちぶれるかわからないとも思いました。

前半は主人公が19歳のときの話、後半は40代のときの話で、後半の話は文学のことが中心でよくわからなかった。

スポンサーサイト

1Q84 1-3巻セット (2010/05/29) 村上 春樹

  • 2011/09/10(土) 18:05:49

1Q84 1-3巻セット1Q84 1-3巻セット
(2010/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


あの有名な村上春樹が書いた最新の小説。

自分は村上春樹の文体が好きなので面白く読めた。

ストーリー的には村上春樹らしいようならしくないような気がした。

登場人物のセリフなんかは村上春樹らしくてよかった。

とても面白く一気にBOOK3まで読んでしまった。

ネットでも賛否両論あるけれどこの終わりかただと少し中途半端なきがする。

BOOK3の続きからがもっと面白くなるような気がするので是非続きを出版してほしい。


世迷いごと (2010/10/13) マツコ・デラックス

  • 2011/09/08(木) 17:50:38

世迷いごと世迷いごと
(2010/10/13)
マツコ・デラックス

商品詳細を見る


今テレビでお騒がせのマツコデラックスが芸能界の女性について、いろいろと文句や意見を言っている本。

目の付け所が鋭いなとか、こういう風に考えるんだ、こんな考え方もあるんだと思うことが多く、目からうろこが落ちた。

女優は自らを晒す職業だから普通の人の一般的な幸せにはなれそうにない、不幸な人のほうが女優として成功するみないな内容が心に残った。

一般的な考え方に凝り固まっている人に読んでもらいたい。

収監 僕が変えたかった近未来 (2011/06/07) 堀江貴文

  • 2011/08/15(月) 17:35:26

収監 僕が変えたかった近未来収監 僕が変えたかった近未来
(2011/06/07)
堀江貴文

商品詳細を見る


堀江さんが収監されて初めての本。

題名の収監とはあまり関係なく、世の中の堀江さんがおかしいと思うことを語っている。

常識に囚われない堀江さんの考え方はすごく納得するところが多い。

しかし極端なところもあるので参考程度にとどめているほうがいいかもしれない。

ジェノサイド (2011/03/30) 高野 和明

  • 2011/08/04(木) 11:31:51

ジェノサイドジェノサイド
(2011/03/30)
高野 和明

商品詳細を見る


とても・物凄く面白かった。

とても専門的な知識や細かい設定もすごくリアリティがあり、一気に読んでしまった。

「ブレインバレー」を思い出すような専門知識の細やかさには驚かされました。

薬学からアメリカの政府、ペンタゴン、大統領、核、新人類、戦闘兵器、内戦、アフリカの先住民、ウイルス、遺伝子など様々な知識がとても深いところまで考えられていてそれがしっかり関係していてとても面白かったです。

登場人物たちもみんな個性があり、頭がよく、頭脳戦がとても面白くて、この行動はこういう意味があったのかなど気づくのがとても刺激的でした。

最近読んだ小説の中で一番面白かったです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。