スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を動かす 新装版 (1999/10/31) デール カーネギー、Dale Carnegie 他

  • 2010/12/23(木) 03:01:07

人を動かす 新装版人を動かす 新装版
(1999/10/31)
デール カーネギー、Dale Carnegie 他

商品詳細を見る


とてもためになった本。

これを読んだことでこれからの人生がどれだけよくなるかわからないと思わせるほどの内容でした。

人間関係が上手くいってないひとなど特にお勧めです。

人は誰でも自分を認めてもらいたい、重要感を持たせることで人を動かすことができる。

「人を動かす」を読んだ後に上司がなぜ理不尽なことをするのかがわかりました。

自分は上司のことをあまり尊敬していなくて、自分が常に正しいを思い接してきましたが、これでは上司が重要感を感じず、自分の権威を認めさせるために理不尽な要求などをしていたのだと理解しました。

「人を動かす」の方法を用いて上司を動かしてみようと思います。


この本は目次にほとんどの人を動かす答えが載っています。

あとはそれを使用した例が書いてあるだけなので目次だけでも読んでみてください。


目次

PART1 人を動かす三原則
1.盗人にも五分の理を認める
2.重要感を持たせる
3.人の立場に身を置く

PART2 人に好かれる六原則
1.誠実な関心を寄せる
2.笑顔を忘れない
3.名前を覚える
4.聞き手にまわる
5.関心のありかを見抜く
6.心からほめる

PART3 人を説得する十二原則
1.議論をさける
2.誤りを指摘しない
3.誤りを認める
4.おだやかに話す
5.”イエス”と答えられる問題を選ぶ
6.じゃべらせる
7.思いつかせる
8.人の身になる
9.同情を持つ
10.美しい心情に呼びかける
11.演出を考える
12.対抗意識を刺激する

PART4 人を変える九原則
1.まずほめる
2.遠まわしに注意を与える
3.自分のあやまちを話す
4.命令をしない
5.顔をつぶさない
6.わずかなことでもほめる
7.期待をかける
8.激励する
9.喜んで協力させる

おまけ  幸福な家庭をつくる七原則
1.口やかましくいわない
2.長所をほめる
3.あら探しをしない
4.ほめる
5.ささやかな心づくしを怠らない
6.礼儀を守る
7.正しい性の知識を持つ


これさえできてればこれからの人生が良い方向に向かっていくでしょう。

オーディオブックもあるようなので、できればいつも聞いていたいです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。