FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルートゥースのワイヤレスイヤフォン購入!!

  • 2011/01/12(水) 02:03:09

サンワサプライ Bluetoothステレオヘッドセット MM-BTSH24サンワサプライ Bluetoothステレオヘッドセット MM-BTSH24
()
サンワサプライ

商品詳細を見る


ipodtouchのために、ブルートゥースのワイヤレスイヤフォンを購入しました。

ipodtouchにはもともとブルートゥースの機能があったのでアマゾンで調べてこの「サンワサプライ Bluetoothステレオヘッドセット MM-BTSH24」にしました。

ワイヤレスということで、コードがなくてとても快適です。

慣れるまで少し耳が痛いですがこのヘッドセットで曲の再生、停止、早送り、戻る、音量の調整ができるので、いよちいちiPodtouchを取り出さなくて良いので便利です。

ipodtouchの欠点はタッチパネルなのでいちいち取り出してロックを解除してミュージックのメニューで再生や停止、曲のスキップをしなければならないところです。

その欠点をこのブルートゥースのヘッドセットは補っています。

とてもお勧めです。

今なら上記のヘッドセットが半額以下の値段で買えるみたいです。


最後にブルートゥースの解説を載せて起きます。


携帯情報機器などで数m程度の機器間接続に使われる短距離無線通信技術の一つ。ノートパソコンやPDA、携帯電話および周辺機器などをケーブルを使わずに接続し、音声やデータをやりとりすることができる。元々スウェーデンのEricsson社が開発した技術を元に、同社とIBM社、Intel社、Nokia社、東芝などが中心となって設立されたBluetooth SIGが仕様策定や普及を推進している。IEEEによってIEEE 802.15.1として標準化されている。

ブルートゥースは、免許なしで自由に使うことのできる2.45GHz帯の電波を利用し、最高24Mbpsの速度で通信を行うことができる。ブルートゥースは赤外線を利用するIrDAと違って、無線を利用するため機器間の距離が10m以内であれば障害物があっても利用することができる。また、ブルートゥースは0.5平方インチの小型のトランシーバを利用するため、IrDAに比べ消費電力が小さく、製造コストも低く抑えられる。

ブルートゥースは様々な用途で利用されることを想定し、用途や機器によって実装すべき機能やプロトコルを「Bluetoothプロファイル」として個別に策定している。コンピュータにマウスやキーボードを接続するためのHID(Human Interface Device Profile)や、プリンタにデータを送信して印刷させるためのBPP(Basic Printer Profile)、機器間で無線ネットワークを構築するPAN(Personal Area Network Profile)、携帯電話などでヘッドセット(イヤホンマイク)を接続するためのHSP(Headset Profile)などがある。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。